テーブルの高さと合わない!?ほかの家具とのバランスも大事

低すぎるので他の家具と高さが合わない

ローソファーは非常に低いソファーであることが特徴で、リラックスして座りやすく、足を楽にできるなどメリットも数多くありますが、その反面その高さが問題となるシーンも数多くあります。特に問題となりやすいのが、他の家具と高さが合わない事が多いことです。ローソファーは普通のソファーと比べても低い作りとなっているので、普通のテーブルでは高すぎてローソファーに座ったままでは台の上の物に手が伸ばしにくい欠点があります。 そのためテーブルなどソファー周りに置く家具も、ローソファーに合わせた高さのもので統一する必要があり、選べる選択肢がどうしても狭くなってしまいがちでしょう。また数が少なくまだ一般普及しきっていないため、値段もやや割高になる傾向にあります。

場合によっては使用感にも不便を感じる場合がある

ローソファーは、一旦座ってしまえば足を楽にして座れることや、日本のこたつなどには高さが合うため座椅子感覚で使える点などがありますが、低すぎるため立ち座りに負担がかかりがちです。床や座椅子、ローソファーに座る動作はほとんどスクワットをするのと同じだけの負荷がかかり、正しい姿勢で行わないと腰に負担がかかります。またローソファーは背もたれが無かったり、あってもかなり低い背もたれしか付いていない事がほとんどです。そのため背もたれに体全体を預けてゆったりと座るようなことはできません。 ローソファーは使い方によってはしっかり寛げるのですが、どのような状況にも対応するような汎用性は低い特徴があるため、自分の使い方に適しているかどうかはしっかり吟味して選ぶべきでしょう。

ローソファーの通販では、大きさだけではなくどんな素材を使っているのかなどもチェックします。素材によって雰囲気が大きく変わるため、部屋にあったものを選ぶことが重要です。