圧迫感がないため部屋が広く見える

部屋が広く感じられるのがメリット

縦横のサイズが同じソファーであっても、高さが低いと圧迫感がありません。不思議と部屋が広く見えるので、スペースに余裕がない場合におすすめです。解放感あふれるスペースを実現するには、視覚的な広さも重要になってきます。ローソファーは低いのが特徴で、一般的なソファーと比べると目立ちません。地面との高さに大きな差がないので、それが解放感につながっているのです。

部屋が狭く感じられるとストレスを覚える人が少なくありません。ストレスは無意識下においても蓄積していくので、自宅なのに疲れを癒せないという現象が起こりがちです。部屋を広くしようと考えたときは不用品を処分する人が多いですが、今使用しているソファーを低いタイプに変えてみるのもひとつの方法です。

快適な空間を実現してくれる

ローソファーは一般的なソファーよりも体積が小さいです。これが圧迫感を抑える要因となっており、日差しや風通しを悪くすることにもつながるのです。さらにローソファーは高さが低いので、部屋の壁紙が広範囲にわたって見えるようになります。すると部屋全体が明るく感じられますし、室内の風通しもスムーズになるのです。

ローソファーはお子さんや高齢者に優しい設計です。座面が低いので座ったときに恐怖を覚えにくくなっています。ソファーで寝ている最中に地面に落ちることがあっても怪我を避けられます。ローソファーの導入は、室内空間を効率的に活用するために役立つのです。特にスペースが狭い、モノが多いといった部屋にソファーを設置したい場合に適しています。

少し前には、和室でソファーは似合わないというのが一般的でした。でも、この頃では畳に合うローソファーも出回るようになり、人気になっています。